オメガ3飽和脂肪酸よりもココナッツオイルの方が良い

ココナッツオイルと同じ時期に、話題になっているのが、オメガ3飽和脂肪酸です。

 

一般的には、オメガ3と略して呼ばれる事が多く、エゴマ油、亜麻仁油などに多く含まれている脂肪酸です。

 

オメガ3は、不飽和脂肪酸の一種です。

オメガ3には、細胞の炎症抑制効果や、血栓防止の効果があります。

 

しかし、不飽和脂肪酸は化学的に不安定な性質をもっています。決定的な欠点があります。

それは、酸化しやすいという性質です。特に、百度以上の高温時に違いが生じます。

 

酸化しない状態のまま摂取するのであれば、血管の健康を保つ作用においては、ココナッツオイルでもオメガ3にはかないません。しかし、極めて酸化しやすいので、扱いが難しく、適切に使えているかといったリスクを含んだ油なのです。
その点、ココナッツオイルは、化学的にも安定しています。

ノーリスクですし、状態を保つという点では非常に優れています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ