ココナッツオイル分解時のケトン体がアルツハイマー予防になる

そもそもアルツハイマー病は、脳のエネルギー源でもあるブドウ糖を上手に使えなくなる病気です。

エネルギー不足になった脳は、神経細胞が萎縮してしまい、認知症になってしまう結果になります。これが、アルツハイマー病のカラクリです。

 

ある種のタンパク質がこびりついて、ブドウ糖が上手く取り込めなくなるのです。

しかし、ブドウ糖に変わるエネルギー源があれば、アルツハイマー病にはなりません。

 

たとえアルツハイマー病が発生していても、代替えとなるエネルギーを多く生産していれば、改善が可能というわけです。

 

ここで登場するのが、ココナッツオイルです。

ココナッツオイルは、中鎖脂肪酸と呼ばれる脂肪酸で、肝臓で分解する際に、ケトン体という物質に変化します。

 

このケトン体が、ブドウ糖に変わる脳のエネルギー源となります。

脳の神経細胞に届いたケトン体は、エネルギーとして変換して働きます。

 

つまり、ココナッツオイルがアルツハイマー病の予防に繋がるというわけです。

 

摂取量の目安

ココナッツオイル

健康な方でアルツハイマー病を予防する方なら、1日大さじ2杯。

アルツハイマー病の改善目的なら、1日3回、大さじ2杯。

そのまま摂取するか、食事に混ぜます。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ