ココナッツオイルは温度で形状が変化します

ココナッツオイルは、保管場所の温度によって、形状が変化します。
形状の変化による劣化の心配はありませんが、食感や適正用途が変わるので、用途に応じて使い分けましょう。

 

液体 ココナッツオイル25度以上

Luquid-Coconut-Oil

25度以上で、ココナッツオイルは液体化します。

夏場などは、常温でサラサラの液状化します。普段使う油と同じように、炒める際に使ったりします。

 

半固形 ココナッツオイル20~25度

half

柔らかいクリームのような状態になります。

そのまま食べると、とろりとした食感です。

 

固形 20度以下

solid

冷蔵庫に保管していると、固形化します。

この状態では、白くカチカチになりますので、使う際はスプーンで削って使います。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ