ココナッツオイルで痩せる理由

ココナッツオイルでダイエット

痩せるという前に、そもそも人間の体は、脂肪を貯めるようにできています。
脂質が人が生きていく上で、欠かせないからです。
脂質は、体内で脂肪組織や、筋肉組織に中性脂肪として溜まります。
一般的な食用油は長鎖脂肪酸ですが、長鎖脂肪酸は、その名の通り鎖が長いから、分解処理に時間がかかります。
体内で使われるまでに長い過程を経る必要があります。
長鎖脂肪酸は、消化器官で分解されたあと、色々な形に変化して身体中を巡ります。
余った分は、肝臓へと送られて、また各組織へ送られます。
これらの余った分は、脂肪として蓄えられるので、長鎖脂肪酸の油を取りすぎると太ってしまうのです。
健康的というオリーブオイルも長鎖脂肪酸です。
一方で、ココナッツオイルは中鎖脂肪酸であり、中鎖脂肪酸は炭素数が少ないため、分解処理が簡単です。
しかも、分解されるや、すぐに利用されるのです。
つまり、燃焼しやすいです。
この特長が、ココナッツオイルで痩せる理由です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ