「中鎖脂肪酸」タグの記事一覧

オリーブオイルよりもココナッツオイルを使う

オリーブオイル

サラダ油は嫌だけど、健康のためにオリーブオイルを使っている方が多いと思います。   しかし、オリーブオイルや、サラダ油などの植物油は、不飽和脂肪酸です。 不飽和脂肪酸は、空気に触れるだけで、どんどん酸化します。   さらに、加熱することで、酸化スピードは、アップします。揚げた時点で、すでに酸化してるんですね。 植物油を買って、栓を開けて開・・・

ココナッツオイルで痩せる理由

痩せるという前に、そもそも人間の体は、脂肪を貯めるようにできています。 脂質が人が生きていく上で、欠かせないからです。 脂質は、体内で脂肪組織や、筋肉組織に中性脂肪として溜まります。 一般的な食用油は長鎖脂肪酸ですが、長鎖脂肪酸は、その名の通り鎖が長いから、分解処理に時間がかかります。 体内で使われるまでに長い過程を経る必要があります。 長鎖脂肪酸は、消化器・・・

中鎖脂肪酸の油の種類

51i80e3SPuL._AA1000_

油の種類は、長鎖脂肪酸と中鎖脂肪酸の2種類に分かれてます。 長鎖脂肪酸は、サラダ油 ごま油などがそうです。 オリーブオイルも長鎖脂肪酸です。 というように、一般的に使われる植物油のほとんど全てが、長鎖脂肪酸と言えます。 さらには、牛や豚、鳥などの動物の脂肪、魚油も全て長鎖脂肪酸です。 その一方で、中鎖脂肪酸が含まれる油脂は、かなり少ないです。 ニレの実からと・・・

ココナッツオイル分解時のケトン体がアルツハイマー予防になる

ココナッツオイル

そもそもアルツハイマー病は、脳のエネルギー源でもあるブドウ糖を上手に使えなくなる病気です。 エネルギー不足になった脳は、神経細胞が萎縮してしまい、認知症になってしまう結果になります。これが、アルツハイマー病のカラクリです。   ある種のタンパク質がこびりついて、ブドウ糖が上手く取り込めなくなるのです。 しかし、ブドウ糖に変わるエネルギー源があれば、・・・

ココナッツオイルは中鎖脂肪酸なので燃焼しやすくダイエットに効果大!

ココナッツオイル

オイルには、長鎖脂肪酸と中鎖脂肪酸、短鎖脂肪酸の3つに分かれています。   これまでは、長鎖脂肪酸の方が身体には有用と考えられてきました。長鎖脂肪酸は、炭素が13個以上連なっています。 身体が脂肪酸を1つ分解するごとに、必要な炭素を13個得る事ができるからです。   一方、中鎖脂肪酸は、炭素が8個~12個連なっている脂肪酸です。 対して利・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ